目には見えない本当の成長をはぐくむために

森のようちえんは、デンマークに住む一人のお母さんが、
自分の子供を毎日近くの森に連れて行ってあそんでいたところ、
近所の人たちが、「自分の子供も連れて行ってほしい」と考えた事から始まりました。


園舎も、囲われた敷地もない森の幼稚園は、スウェーデンをはじめとする北欧からドイツにまで広まりました。
現在、ドイツだけでも数百もの森のようちえんが活動しており、幼児期における五感を使った自然体験の重要性が、広く認められています。

当園は、都会の子ども達にも、野外保育のすばらしさを体験してもらえるよう、 キャンピングカーを移動手段として、さまざまな豊かな環境に出かけて行き、そこで、子どもたちの五感をフルに使った、自由な遊びを通じて、しつけでは得られない、目には見えにくいけれど、幼児期の子どもにとって本当に大切な部分の成長(自信、やる気、自主性、社会性、忍耐力、想像力、やさしさ、実体験を通した本当の賢さ、等など)に着目した保育を行います。

注)現在、森のようちえんとは、森だけでなく、海、山、川などの様々な自然環境の中で行う幼児教育・保育の総称として知られております。

少人数制

幼児期の子どもは成長度合いや感じ方に大きな違いがあって当たり前です。

ひとつのカリキュラムを、大勢の子どもに同時にさせる現状の保育では、全ての子どもに、本来もっている人間としての人格の成長の可能性を十分引き出すことが非常に困難となってしまいます。
社会的都合や利益優先でなく、能力以上に子どもの人間としての成長を第一に考えれば、何十人もの幼い子どもを一人か二人で保育するのが最善の方法なのか疑問を感じます。

当園ではひとりひとりとの心のつながりを大切に、保育者の愛情が伝わり、しっかりとした人間関係を築くためにも、そして、少しでも理想の保育に近づいてゆくためにも、少人数制を心がけています。

最高の笑顔、最高の思い出のために

四季折々、さまざまなイベントを用意しております。
滋賀県高島市(車で約1時間半)に所有しているログハウスでのお泊まり会やサマーキャンプをはじめ、冬の雪遊びやたのしいスキー体験、かわいいハロウィン仮装パーティー、ほか季節の行事あそび、パーティーなどもりだくさん!

無料送迎もあります。(送迎ルート内限定)

園長  前田 雅之

NEWS