2018年08月

摂津峡

2018/8/31 金曜日 6:13 PM

7/27

海の次は川です。
感じる事。
それがメイン!!
考えるはいつだってできるけど・・・
吸収力の高い時期の脳ミソへ、たくさんの情報をイキイキとした感情を刻みこんでインプットすることの意味・・・。
逆に、感情の起伏の少ない状態でいくら情報を詰め込んでも・・・。
活性化された脳ミソはさらに新しい刺激を求めて加速していく・・・。
活性化の状態は、脳波なんて測らなくたって、目の輝き見りゃ分かる^^。
でもそんなこと理屈で考えなくても大切な事、ホントは最初から知っている。
子育ての方法なんて、人それぞれ、正解なんてみんな違う。ご先祖様から受け継がれてきた沢山の人生のながれや、今立っている位置、そしてDNAそのものが違うのだから・・・。
それぞれの心の奥のそのまた奥から聞こえてくる・・・
DNAの声が聞こえてくるなら、もう惑わされることなんてなにもない!?  おしまい。

二色の浜

2018/8/30 木曜日 7:21 PM

7/26

暑い日が続きます。
原則野外活動禁止なんて日が続いていますが・・・
なにせ私たちは年中野外活動なもんで・・・。
暑かろうが寒かろうが、年中外で重労働している人たちだっているって事も忘れちゃいけません。例えば、夏だって道路工事はしなくちゃいけない。休んだら日給もらえない。新しく道路ひくのに百度以上のアスファルトの上に立ってスコップも使う。まるで鍛え方が違う。そんな人たちのおかげで砂ぼこりや泥に悩まされずに快適に移動できるんだけど、普段、迷惑がられはしても、その仕事に見合うだけの感謝なんてものに遭遇することはまずない。
話が脱線しちゃったけど、要するに人は、環境次第で弱くもなりゃ、強くもなるって事。
すべてはDNAと環境次第っわけ^^。おしまい。

摂津峡

2018/8/29 水曜日 7:07 PM

7/25

今年の夏はホントに暑かったです。
いつもなら、川遊びのときは・・・
水が冷たくて長く入っていると・・・
震えちゃうはずなんだけどな^^。
まっ、遊ぶのにはちょうどいいけどね!!
彼が震えてるところはまだ見たことない^^。
流し弁当!?
摂津峡一の人気者の岩!?  いままで、延べ何万人の人がここから飛び込んだのかな^^。
浮き輪サークル!?
夏休み明け、涼しくなる前にあと一回は行きたい・・・けど、台風や大雨も多いしお天気頼みでございます。おしまい。

勝尾寺園地

2018/8/28 火曜日 6:49 PM

7/23

世間では日傘男子が流行っているとか・・・。
すぐ近くの小川です。暑い日はこれに限る^^。
いままで触れなかったものが触れただけのありふれた子どもの姿だけど、大人の私たちにとってこれがどれほどの勇気がいる事か・・・。その差はまさに大人の偏見の強さを物語っている^^。
学校が休みの卒園児で、さらに在園児のお兄ちゃんお姉ちゃんが活動に参加してくれています。と言ってもちゃんと料金は頂いておりますが、毎年この時期には在園児にとっても、卒園児から良い刺激をもらえる貴重な時期なのであります^^。
画一的な能力を一方的に求める教育とは違い、それぞれの多様性が最大の糧となる私達の活動にとってはこれほど大切なものはないのです。そして、自分の殻を破って、より自由で、人間として自然な成長を目的とした場合・・・
それにはもう一つ大切な条件があります。
それは、個人の違いがハッキリと分かってお互いをより深く理解、吸収するための条件。
それは、安心してありのままの自分をさらけ出すことが出来る空気。子どもだって人の心を敏感に感じ取れるのは当たり前。その中でこれだけは口だけではごまかしはきかない。自由にしていいよ、あなたの気持ちを尊重するわ、とか何とかと口で言いながらも自由な選択なんてできそうもない空気をかもしだしながらそれに自分で気づいていない大人の心を、子どもたちは感じてしまうのです。そして、子どもたちは結局、このドングリみたいにみんな一緒に見えるようになってしまう・・・。自分を守るために本当の自分を失う。そうやって私たちも大人になった。だからそれを子どもに繰り返してしまう。そこに本当の幸せがないと感じながらも・・・。おしまい。

勝尾寺園地

2018/8/27 月曜日 6:32 PM

7/19

夏休みが明けましたので、ブログも再開です。
と言っても、まだ7月分が残っているのでまずは続きから^^。
土砂崩れをよけて・・・
小川に着いた!!
森の中はまるで空気が違う。
日陰と、水をたっぷり含んだ土壌のおかげでヒンヤリとしている。
アスファルト地獄にわざわざ帰らなければならないのが情けなくなる^^。
森が近くにあってホントにヨカッタ!!  クーラーの効いた室内に閉じこもっているしかないなんて、大人はよくても子どもたちは・・・。おしまい。