大切なルール

大切なルール

やりたい事を、自分で見つけてするのが、森と地球の子ども園のルールです。

やる気や主体性を育てるため、だれかにしなさいと言われてするのではなく、自分からすすんで、やる気が起こるまで、あせらず、成長を見守ります。

やる気や主体性は、本来、誰でも持っているものですが、それは、数々の条件が揃わないと十分に表に出てきにくいものだと考えています。 

保育者はさまざまなことがらを提案するだけで、それをするかどうかは、すべて子どもたちにゆだねられております。
本人の意思の伴わない行動は、主体性を奪うばかりか、非常に学習効果が悪く、その行為自体にマイナスなイメージなどの偏見を与えてしまう危険性もあるからです。