年長さんお泊まり会1

2015/2/11 水曜日 2:51 PM

2/7

お天気サイコー!わくわくドキドキ、お泊まり会のはじまりはじまりー^^。
マキノ高原スキー場にやってきました。
ところどころ、地面が見えていますが、上のゲレンデは十分に積雪がありそうで、ホッとしました。
とりあえず、スキーを運んでもらっていますが、着いてからは、何をするのも自由。「さぁ、何がしたい??」
最初から「スキーがしたい」と言った彼女。スキー自体は、去年もここでしたことのある彼女ですが、サンキッド(動く歩道)に乗るのは初めてです。表情コチコチ^^。
今シーズン、初滑りなので、まだ緊張しております^^。
彼女も一緒にやって来ました。
こちらも今シーズン初滑り、一本目です。うまいじゃん!!でも、表情を見るとかなり緊張しているようです。
下に着くなりソリに変更^^。ご自由にどうぞ。べつに私たちは、子供にスキーをしてもらいたいわけじゃないのです。
かなり急で長い斜面を滑りおりてきた!!
コントロールも難しいし、どう考えてもスキーよりおっかない^^。
今回、上の娘は足を痛めていてスキーブーツを履けないので、スキー大好きの彼女にしてはかなり悔しい!?うっぷんをソリで晴らそうとしています^^。
まあくんも、実はスキーだとここは少し物足りないので、ホントはスリルのあるソリを思いっきりやりたいんだけど、急斜面を登るのにちょっと体力が・・・^^。
だんだんルンルンになってきた彼女。
子供のサイコーのスキー仲間はやっぱり子供なのです。ほかの遊びとおなじです。
ログハウスに行く時間まで滑ると言う彼女。ご自由にどうぞ^^。
「ヤッホー」楽しくてしょうがない様子^^。
おっとっと・・
ころんでもすぐニッコリ^^。
ぶっ続けで滑ったので、すこし足が痛くなってきて、休憩がてらに雪遊びをするようです。
家族で遊びに行っても、なかなか完全に子供が主体になれるのは少ないのではないでしょうか?
ついつい大人が、これしよう、あれしよう、といってしまうでしょ?こういうふうにして欲しいという大人の気持ちが態度や言葉の端々に出てしまったり・・・。スキー場は特にそういう親子に出会うことがとっても多いです。子供の気持ちに寄り添えずに大人の気持ちを押し付けている姿を見ると残念でしかたありません。またひとり、根っからのスキー好きが育つせっかくのチャンスを失っているような・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:http://moritochikyunokodomoen.com/kanri/wp-trackback.php?p=11614