勝尾寺園地

2019/1/29 火曜日 5:45 PM

12/21

料理は愛情。そして、愛情は偏見を捨ててより深く理解して、そのままを受け入れられるようになる事。まずは、自分から始まって、相手へと広がっていく。
でも、一生懸命作った料理をまずいと言われたり、残されたら、つい怒ってしまう。怒ってしまうのはホントの事が見えていないから。普通ならどうして残したのかな、多かったのかな、嫌いなのかな、どうして嫌いなのかな、などと感情的にならずにいろいろ思いを巡らすことが出来ない。残すのはいけない、好き嫌いはいけないと、自分の体の事を理解しようとしてもらえずに育てられたがゆえに、自分の体の事を理解する力が育たず、自分の体を愛することができない大人になった。少なくともボクはその傾向があると自覚している。
自分を理解できないまま相手を理解するなんてできるのかな???
どれほど多くの自分に優しくできない人が、他の人に優しくできずに心を痛めているのだろうかと思う。本当はきっと誰も悪くない。ただ、自己犠牲の美しさが間違った形で伝わってしまっているだけ。自分を本当に理解して愛することが出来ている人だけが、ほほ笑みながら自らの全てをささげることが出来るのではと、心の奥底で誰かがささやいているような・・・???
ホントに子どもたちは、私達大人がより幸せに成長するために、いろんなことを投げかけて来てくれます。
・・・、なんか文句ある???  ありのままの自分になることが出来ずに、自分で自分を縛り付けている人は、ほぼ全員ボクに文句あるだろうな・・・^^。そのくさり、一本ずつボクと一緒に切ってみない???
誰もが自分らしくあることを心から許し合える社会って、きっと永遠にやって来ないのかな!?  ボクには、ただのボタンの掛け違いだけのようにも思えるけど。自分が変われば相手も変わる・・・なんてマイケルジャクソンの歌詞並みにベタだな^^。 おしまい。インスタも見てくださいね!!  #森と地球の子ども園  です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL:http://moritochikyunokodomoen.com/kanri/wp-trackback.php?p=26928